テキストが送料無料じゃなくても格安価格 2017年度 ネイティブパターンが訳ありに負けない激安価格!

そこまで説明が書きがないので。韓流ドラマを見ていて少し意味がわかりはじめたかたには、役立ちます。初級者には難しいと思います。

コチラです♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

パターン ネイティブ テキスト3パターンで決める日常韓国語会話ネイティブ表現 ([CD+テキスト]) [ 今井久美雄 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ハングルの基礎を独学で学んだのですが!表現方法が日本語とは違っている感じをドラマ等で見ていたので!少し前進できそうです。ただ、個人的にはあまり使わない表現もあるかなと思います。分かりやすいことは!分かりやすいと思います。収録されている会話も、発音がはっきりとしているし、ゆっくりでわかりやすくて…何よりも韓国では「時と場合と立場」で話し方に区別があるので、それが知り得れる本の1つだと思いました。面白い本です。ただ基本の文法・会話ができた上で使う本なので!他の参考書などでまず勉強しなくてはいけないと思いました。付属のCDにでてくるフレーズは、韓国での日常会話ばかりです。。そこですか〜(笑)とつっこみたくなりました(笑)肝心のネイティブ表現ですが・・・内容は良い!とお墨付きをいただきました^^読みやすく分かりやすく実用的だと思います。ハングルにふりがなもないし、ある程度文法のわかってる中級以上の人向けだと思います。あくまで文法を理解した上に使う本だと感じました。ちょっと知らない単語があっても、だいたい原型とともにコメント欄に記載されてるから、これ1冊で十分勉強できると思います。こんなときにどういったらいいかな?ってのが丁寧風から友達に使うパンマルまで3段階にされてておもしろいとおもいます。個人教授をお願いしているネイティブの韓国人の先生に購入後にこの本を見せてみました。そういう点!おススメです。一番いいなと思ったのが!著者の方が一文ごとにコメントを入れてるところで!それがまた韓国事情を良く分かったコメントをしてくれてるのがうれしい。親切なひとことがとても役に立ちます。以前、アメリカのラジオ番組で、ひたすらトークだけが流れる番組を聞いた事があり(もしかしたら政治家同士の対談とかだったのかもしれませんが)耳慣れをしようと流しっぱなしにした事があります。ネイティブな会話集はなかなか他にないので、重宝しそうです。ネイティブ表現を知りたい人ってそういう何気ない知識を求めてますから。このCD本も!そんなラジオ番組感覚で聴くのもありかな?なんて思いますが… でも!この本の内容を自分で話せる・聴ける までになり!操る事が出来れば韓国生活が楽に出来ちゃうくらいの素敵な内容が詰っているな〜!と思います。韓国語初心者の方がこのCD本を購入したら多分、箪笥の肥やし状態になってしまうと思われます。韓国語会話で2/5程度の聴きとり!会話が出来る方がもっとその先を目指して使うというのであれば!本当に良いと思いました。復讐の意味で使わして頂きます。耳慣れと会話表現の数が増えること間違いなしです。そこで★マイナス1にしてみました。─本場の日常会話で使われる表現なのかは不明なれど、単なる趣味(独学)レベルの私には、ニュース・教養番組・ドラマ・CMで耳にする数々の表現が掲載されていて面白いです。日本人向けのハングル勉強の書籍ってだいたい現地の人に使うと!ちょっと不自然なのが多いですが!これはほんとに自然な表現が多くてつかいやすいと思います。うんうん!と納得して読んでいらっしゃいました。ドラマや映画や実際に韓国の方が話してる表現なので実践には役立ちそうです読み書き&基本文法を終えた[中級者向け]。パンマルの勉強になりますので、中級以上がよいでしょう文字が読めて、少し文法をかじったかたには良いです。初級には難しく!ある程度知識がある人様との事だったので!購入してみましたが!簡単すぎてもう少しレベルの高い教材がほしかったです。ただ、文法を知ってないと、この表現はどういうことかな?とわからなくなることもあります。ただ!聞き流しCDが欲しかったのでその点については良かったです。面白い教材です。ある程度基礎ができた方が実際に会話に使いたい表現を学ぶのにいい感じですね。この本に出てくるフレーズがドラマの中で実際に使われている事が多いです。文法だけだとつまらない方は!通勤の行き帰りに聞くと語彙も増えていくこと間違いないです。たとえば「いただきます」の表現は日本ではあたりまえだけど韓国ではあまり言わないから!かわりにこういう表現を良く使うとか。友達が持ち歩いて愛用してて!あるときふと思い出して!購入を決めたのですが!現地で生活している立場としてはありがたい一冊です。所どことこの使い方合ってるの?と疑問を感じる部分もあります。それと!同じ説明が何度もある部分があるので少しくどいです。そして!「この著者ってお医者さんなんですね〜〜」と感心していました。しかし、説明も丁寧に書いてあるので納得出来ると思います。